釣研(TSURIKEN)しずめどんぐり

しずめどんぐりは、磯際狙いのしずめ釣りを意識したモデルとなります。

ウキの上部の膨らみで潮を掴み、ポイントを外れにくいです。

沈めて使う、浮かせて使うどちらの使い方も可能となります。

浮かせて使う際は、ギリギリの浮力調整を行うことで、安定したフローティングバランスを得られ、海面の突出部分少なく強風にも強いです。

沈めて使う際は、固定の状態でじわじわと沈む状態に浮力調整し、ゆっくり流し込んで釣ります。
イエロー×オレンジのカラーで視認性よいので、ゆっくり速度を見ながら落とし込んでいきます。
途中で仕掛けを張ることでゆっくりと浮かせることもでき、微妙な誘いをかけることが可能となります。

もちろんスルスル釣りでも威力を発揮してくれます。

B/3Bはインテグラル表示と呼ばれるもので、Bは標準浮力、3Bは限界浮力となります。

 

 

対象魚・・口太グレ、尾長グレ、チヌ(黒鯛)

 

発売時期 1992年
上下パイプリング 有(上のみ有)
釣研(TSURIKEN)しずめどんぐり 横 22ミリ
横 22ミリ
釣研(TSURIKEN)しずめどんぐり 縦 38ミリ
縦 38ミリ
釣研(TSURIKEN)しずめどんぐり 上穴径 約1ミリ
上穴径 約1ミリ
釣研(TSURIKEN)しずめどんぐり 下穴径 約 2ミリ
下穴径 約 2ミリ
主な使用フィールド 磯、堤防、離島、湾内

 

 

浮力 重量 穴径 寸法
B 6.4g 上 約1ミリ

下 約2ミリ

横 約22ミリ

縦 約38ミリ

2B 6.2g
3B 6.0g